ロゴ
HOME>イチオシ情報>矯正歯科で歯列を整える【後悔しない治療法の選び方】

矯正歯科で歯列を整える【後悔しない治療法の選び方】

歯科矯正

スポーツをする方におすすめの裏側矯正

歯並びは健康の維持と言う点からも大切ですが、その際、歯の表面にブラケットを付けるとどうしても口元に何かが当たってしまうと怪我をする可能性があります。その為、スポーツをしている人は矯正をする際は色々と気を付けなければならない事がふえてきます。しかし現在の矯正歯科では、歯の表面からではなく裏側矯正を行っている所も珍しくありません。裏側に装着する事によって、口の辺りにボールとかが当たったとしても頬を切ってしまったりする事もなくなります。そのため、現在ではスポーツをしている人に対しては歯の表面にブラケットを付けるタイプではなく、裏側に装着して歯並びを改善する裏側矯正の方が安全性も高くなるのでおすすめです。

歯科矯正

裏側矯正でも小さいブラケットなら喋りにくさも改善

裏側矯正を行う上でどうしてもデメリットだと言われていたのが、ブラケットに舌が当たってしまって話しにくくなると言うことです。人間は色々と話をする時に舌をも自然に使って発音していますが、ブラケットを装着すると、その分舌の可動域が少なくなってしまい、喋りづらくなると感じる人も少なくありません。しかし現在矯正歯科で採用されている裏側矯正の場合は、小さいブラケットを装着してもらう事も出来るようになっています。そのため、従来のサイズのブラケットを付けた時に比べると舌を動かしづらいと感じにくくなるので、結果的に喋りづらさも改善されると言うメリットがあります。勿論、何も付いていない時よりは最初は違和感を覚える可能性もありますが、直ぐに気にならなくなります。